主観は独自解。客観は同一解。

思想

己の主観は自分にしか書けない。

主観は独自解だ。

内側の想念を外界に表出したもの。

独自の見解を文章表現したもの。

それが主観である。

逆に、客観は同一解だ。

統計データを用いて科学的に解釈し、偶発性をできるだけ排除したもの。

理論通りにやれば他者も再現できるもの。

最終的には皆が同じ解に行き着く。

それが客観である。

科学技術では、再現性の高さが大事だ。

それは信用性の高さに直結する。

再現できなければ信用を保証できない。

学問と実地検証を駆使して理論を構築し、再現性を実証できてこそ科学技術と言える。

誰がやっても同一解に辿り着く。

学びさえすれば誰もが再現できる。

それが科学技術だ。

客観的信用が最も重要視される。

逆に、創作藝術では独創性の高さが大事だ。

それは再現性の低さに繋がる。

自分と同じものを誰も再現できない。

自分だけにしか成し得ない。

それが独自性を生み出す。

創作藝術では主観的魔力が大切だ。

そこに在るだけで超引力が発生する不思議な作品。

生命が息吹き躍動する様態。

人の心髄を焚き躍らせる焔。

その魔力こそが創作藝術の生命線だ。

客観は事実が最上位次元を司り、主観は自分が最上位次元を司る。

客観は最終的に唯一解に至り、主観は最終的に独創解に至る。

事実情報は他者でも発信できる。既に無数に存在している。

だが、自分の見解は自ら発信しない限りどこにも存在しない。

資本主義では希少性と貴重性こそが価値である。

客観は事実が支配し、主観は自分が支配する。

客観は事実が絶対者であり、主観は自分が絶対者である。

客観は事実に基づく同一解。

主観は自分に基づく独自解。

絶対的な基準者を目指すには、主観の発信が必要だ。

私は主観を専行し、独自の思想で生きる。