分野を越圏し、我流で融合する。

生き方

一点集中は得策じゃない。

1つの事象に全てを懸けると力みが生じる。

その事象を過大評価し、精神世界が狭小化する。

完璧主義の側面が強まり、思考と行動が慎重になりすぎる。

冒険心と遊戯心が失われれば、面白い発想は生まれてこない。

正解が存在しない創作活動では、遊び心は不可欠だ。

眉間に皺を寄せて糞真面目に取り組むよりも、遊び心全開で取り組んだ方が新次元の着想が得られる。

定型業務は所定の手順通りに迅速処理することが求められるが、創作活動は常に白紙の状態から開幕する。

そこで推進力となるのは遊び心だ。

子供は発想と独創の天才である。

創作活動は意識的に子供心を復活させる行為だ。

子供は多動である。

好奇心の赴くままに多種多様な遊びに手を出す。

楽しんでは飽きることを繰り返す。

それらが積み重なると今度は我流で融合して楽しみ始める。

幼少期の子供は越圏と融合を無意識に行っている。

己の精神世界に没入し、我々の目には見えない夢想空間を謳歌している。

私は彼らを参考にして創作活動をしていきたい。

越圏と融合こそが唯一無二の在り方を創出する。

私は分野を越圏し、我流で融合する。

心髄日記の投稿配信