新軸を導入し、別次元を生きる。

思想

思想は時空を飛躍できる。

行動は時空を飛躍できない。

理想は想像から開幕する。

現実は既存から開幕する。

理想と現実を行き来する存在。

それが人間だ。

「理想に最速で辿り着きたい」

誰もがそう思っている。

だが現実と理想には隔たりがある。

その溝を埋めていく活動。

それが人生だ。

「目的地まで最短距離を突っ走る」

それは最良解に思えるが、実際はそうではない。

最速には無理が生じる。

急がば回れ。寄り道も一興。

創造は遊歩から生まれる。

独創性とは新軸の導入だ。

従来の価値観はx軸の思考に過ぎない。

そこにy軸、z軸、α軸、β軸を導入して次元を変える。

既存の競争に参入せず、新軸を導入して別次元を生きる。

それが独創性を高めるということ。

既存よりも新軸。

競争よりも遊歩。

我道に要石を打ち込んでいき、足場を着実に作り上げる。

その斜面は滑らかで緩やか。

体力を消耗しにくい。

我道を遊歩し、微小を累積する。

思想は飛躍させ、行動は漸進する。

新軸を導入し、発想次元を高める。

私は別次元の精神世界を生きる。