藝術は思想の具現化である。

思想

上手くあるな。凄まじくあれ。

上手いだけでは無意味だ。

技術止まりになっている。

それだけでは足りない。

己の思想を具現化させる。

そこで初めて藝術と化す。

「藝術=心髄×技術」

技術力は高いに越したことはない。

だがそれはあくまで手段に過ぎない。

己の思想を具現化する。

それこそが本来の目的である。

心髄なき技術は中空だ。

そこに独自の思想はない。

想念が宿ってこそ新生命は息吹く。

藝術とは生動術。

生誕かつ躍動。

人の心髄を焚き躍らせる焔。

藝術は人の琴線を弾く。

共感と共鳴を巻き起こす。

歌唱を想像すると分かりやすい。

歌手は歌声に想念を宿らせる。

それを聴衆に伝播させる。

内に眠る感性を呼び覚まし、心情共振を巻き起こす。

歌手の歌声は世界観を纏う。

聴き手の五感に染み込むことで別次元の世界に誘われる。

声自体が生命を息吹いて躍動する。

それが歌手の藝術だ。

「藝術=心髄×技術」

藝術は思想の具現化である。

そこには人を惹きつける魔力が宿る。

藝術力を高めるには、思想と技術の双方高進が必須だ。

自己対話による模索と探究が不可欠である。

己の心の内核に迫り、想いを具現化する手段を模索する。

その試行錯誤の連続が藝術活動だ。

心髄は目的。技術は手段。

技術に囚われると手段が目的化してしまう。

それは本末転倒だ。

心髄は根幹。技術は枝葉。

藝術は大樹生誕である。

枝葉末節に囚われてはいけない。

根幹こそが最重要だ。

我究の深度が低次元であれば、具現化したところで無味乾燥だ。

我究の深度が高次元であれば、具現化すると新生命が息吹く。

観る者の心は沸き躍り、生彩なる魔法を体験できる。

根幹に基づいて枝葉を実らせる。

神秘的な樹海を降誕する。

上手くあるな。凄まじくあれ。

心燃え上がる新生命たれ。

私は心髄を探究し、藝術を練成する。