忘却力を活かして発想領域を自由開放する。

生き方

私は偶発的に生きている。

昨日思考していたことも睡眠を経ると初期化され、白紙状態で今日が開幕する。

人間は忘却力に優れている。

自分にとって重要性が低い事象は綺麗さっぱり忘れることで脳内空間を新陳代謝し、発想領域を一新しているのだ。

人工知能が記憶力の極上体だとしたら、私は忘却力の極上体である。

なんせ30秒前に何を思考していたのかを思い出せない。いや、15秒前ですら忘れ去っている。

私は短期忘却力が異様に優れている。

その利点は意外に多い。

まずは現在進行形に専念できること。

過去の思考に囚われず現在に即した発想が生じやすいこと。

己の行動が偶発的であるため、他者による再現性が低く独自性が強まること。

記憶しにくいが故に、常識を超越した新概念を独創する可能性が高まること。

忘却力と奇抜力は密接に関連している。

私はそう感知している。

現在から過去に至るまでの歴史を詳細に記憶できている人物を想像した場合、彼は脳内を過去情報が占有しているため、何事も過去に縛られやすく常にそこから想起しがちだ。

そのため常識を超越した奇想天外な着想は得にくい。

過去の情報を論理的に辿る思考となるため、他者による再現性が高まり己の独自性と希少性は薄まる。

だが忘却力に優れた人物は脳内空間の空き領域が豊富なため、既存常識に縛られず自由奔放に感性を発揮しやすい。

記憶に優れると過去に囚われる。

忘却に優れると未来を夢想できる。

今思い浮かんだ通りに行動し続けることでそれがそのまま活動の軌跡となる。

刹那没頭の連続が己の歴史を成す。

昨日は予想もつかなかったことが今日には容易に起こり得る。

特に睡眠と散歩と随筆は新鮮なる閃きが発生しやすい。

睡眠は忘却、散歩は運動、随筆は執筆という活動によって脳内の邪魔情報が消去され、必要なものだけが残存する。

そのため軽快に発想しやすくなる。

論理的かつ数値的な記憶処理は人工知能に任せる。

私は感性的で感覚的な発想で行動する。

再現性の高い技術は人工知能に任せる。

私は偶発性の高い藝術活動に専念する。

忘却力を揮って発想領域を自由開放し、新奇なる概念を独創するのだ。

私は忘却しながらこの刹那を没頭する。


心髄日記の投稿配信