言葉とは魔力だ。概念描出力が高まれば鮮明な景色を発現できる。

語学

言葉には魔力がある。

発した言葉は周囲に影響を与える。

発し手と受け手の両方が影響を受ける。

言葉は人の思考・感情・行動に波動振幅を巻き起こす。

人間は言葉使いだ。

言葉は人を作る。言葉力は人間力だ。言語能力は人間能力そのものだ。

語学とは人間学であり人生学である。

語彙表現や文章表現の引き出しが増えると、眼前の事象に対する捉え方に変化が生まれる。

その概念に対する表現精度が高まる。より明瞭で鮮明に映像化できる。

言葉による発現可能量が増えると脳内概念の解像度が高まる。

映像の輪郭と内部に掛かっていたモザイクが薄れてくる。

言葉力が高まれば映像力が高まる。景色の見え方に変化を起こる。

言葉とは呪文だ。

脳内に思い浮かぶ映像概念を言葉で発音することで映像描写が明瞭化されて外界へと吐き出される。

聞き手は発音や文字がもたらす映像意味を脳内で無意識に描いて話し手の意図を理解する。

言葉とは映像体験だ。

相手に映像テープを手渡してそれを電子機器を用いて再生してもらうことなしに発音と文字だけで映像体験を共有する行為だ。

物理コストなしで相手と自分を瞬時に映像体験にいざなう行為だ。

自分が意図する映像を高い精度で言葉にできれば相手に明瞭な映像で伝わりやすい。

言葉を発するだけで人間は互いに波動し合っている。

言葉の詠唱によって我々は魔法を掛け合っている。

我々は言葉使いだ。言葉には魔力がある。言語表現力が高まるほど呪文魔力も強まる。

発し手と受け手を映像体験の世界にいざない五感体験させる力が進化する。

言葉の力は魅惑的だ。言葉力とは影響力だ。

私は日本語と英語の表現力を高めていきたい。発音・掴音・作文・読解の力を養っていきたい。

景色を広げていきたい。景色を見る立ち位置を変化させたい。新しい景色に遭遇したい。

言語を使った映像表現を豊かにしたい。言葉の魔力を強めたい。

私は景色を発現する言葉使いになる。