皆が通る道を捨てる。皆が通らない道を選ぶ。その勇気を持つ。

思想

皆が通る道を自分もなぞる。

そこには新規性がない。

新しいことが起こらない。

刺激や興奮が少ない。

自身の希少価値が上がらない。

希少価値がなければ活躍は難しい。

市場への価値提供度が少ない。

他者が通る道は他者に任せていい。

他者のやり方は他者に任せていい。

私は自分の道を手作りする。

私は自分のやり方で進める。

私は他者が経験しないことに挑戦する。

この世界は分業社会だ。

他者が得意で順調にやっていることはその人に任せていい。

自分は他者がやらないことに注力する。

独自の過程で進める。

独自の活動に注力する。

遊び感覚を持ちながら単騎特攻する。

その方が新しい可能性が生まれやすい。

不確実性の高い道だからこそ挑戦する意味がある。

新しい何かを発見できる。

新しい何かが生み出される。

未開の森を自ら切り開いて可視化する。

不明で恐怖の道を自分が解明する。

そこに意味がある。

そこに価値がある。

新しい可能性と展望が生まれる。

人間の時間は限られている。

時間は寿命だ。

寿命は消費物だ。

毎日刻々と命は削られている。

他者がやっていることを自分がなぞる必要はない。

新しい事象に取り組む時間が無くなる。

仮になぞるとしたら最終的に独自の価値を出すために現時点ではなぞるのだ。

その意識を持つことが大切だ。

皆が選ぶ道を捨てる。

皆が選ばない道を選ぶ。

自ら手作りする。

それを可視化していく。

その勇気を持つ。

私なら出来る。

絶対に出来る。

忘れた時は思い出そう。