私たちは生きているだけで十分に人の役に立っている。

生き方

人間界は分業社会だ。

私たちは生きているだけで人の役に立っている。

生産者と消費者は対等な存在だ。

消費者は消費という行為を通して役に立っている。

生産者に対価を払っている。

生産者は他者のために生産するのではない。

自分が生きるために生産している。

自分がそれをやりたいから生産している。

生計を立てるために生産している。

生産の方が楽しいし充実感は得られる。

だが生産者の方が立場が上というわけではない。

消費者の方が立場が下というわけではない。

私たちは対等だ。

他者に対して偉そうにしてしまうのは他者志向だから。

卑屈になってしまうのは他者志向だから。

自分志向で生きていれば常にあるのは自分自身だけ。

自分のために生きているという一点だけが存在する。

そこは何も変わらない。

その一点だけを見つめる。

それが最適な生き方だと感じる。

この視点に立つと私たちは皆対等だ。

誰もが対等だ。

この世界から「偉い」という概念をなくす。

「卑しい」という概念をなくす。

馬鹿にされない。

嘲笑されない。

非難されない。

自由に好きに生きられる。

それが当たり前になる。

そういう世界を作りたい。

自分志向の世界を作りたい。

この気持ちを忘れないようにしたい。