私は一人の消費者だ。私自身が市場の一部だ。自分自身のために活動し続ければそれが他者の役に立つ日が来るかもしれない。

思想

組織で働いているとだんだん組織のために働くようになる。

その固定通念に洗脳されていく。

自分のためではなくなる。

所属する組織のためになる。

市場感覚から離れていく。

消費者の感覚を忘れてしまう。

個人の感覚が希薄になる。

当事者から離れていく。

本来は私自身が市場の一部だ。

本人が頑張ったかどうかなんて市場にとっては全く関係ない。

相手が必要だと感じれば価値が見出される。

不必要だと感じれば価値は見出されない。

そんなことは私に制御できない。

そもそも制御してはならないものだ。

報酬は需要があるかどうかで決まる。

需要があれば報酬は発生するし需要がなければ報酬は発生しない。

需要は私にコントロールできない。

私に出来るのは自分の感性に沿った活動を続けていくことだけ。

それに対して需要があれば報酬が発生する。需要がなければ発生しない。

ただそれだけ。

先を見通した戦略など不要だ。

そもそもこれは戦いではない。

誰かと争っているわけではない。

自分自身の活動だ。

感性の趣くままに行動していきたい。

自分の好きなことをしよう。

楽しいことをしよう。

面白いことをしよう。

自分の思考・感情・行動・気付きを可視化する。

人の目の触れる場所にそっと置いておくだけでいい。

それがいつか他者の役に立つ時が来るかもしれない。

そのとき初めて私は生産者の側面を持つことになる。

それが最も自然な在り方だ。

最も心地良い在り方だ。

何より自分自身が好きでやっている活動だから。

自分自身のためにやる。

決して他者のためではない。

たとえ逆風が吹いたとしても自分の感性を信じよう。

他者の言うことにただ付き従うだけなら「私」である必要はないのだ。

従うだけなら代わりはいくらでも存在する。

将来的には 人工知能ロボットがしてくれる。

「私が私である」ということは「自分自身の感性を信じて生きる」ということだ。

「私が今一番やりたいことを試行し続けていく」ということだ。

それが私が市場に存在する意味だ。

私は自分自身のために活動する。

活動で得た気付きをここで可視化する。

ただそれだけでいい。