自分志向で生きる=自分のために生きる=他者の自分志向を尊重して生きる。

思想

私は自分のために生きたい。

自分志向で生きたい。

それは他者の自分志向を尊重することでもある。

他者志向こそ自己中心的な考えだ。

私は思う。

自分が他者志向だと無意識に他者にも他者志向を求めてしまう。

「私だって我慢してるんだからあなたも我慢してよ」

「私はあなたのためにしてあげたんだから代わりにあなたも私のために何かしてよ」

そういう発想になってしまう。

己の内に違和感を抱いているのにそれを無視してしまう。

我慢を溜めて不満を溜める。

他者に対しても自分と同じ我慢を求める。

自分が感じる違和感よりも周囲の通念を優先させる。

それを他者にも無意識に強要する。

自分の価値観・思想観・世界観を失う。

私はそうなりたくない。

自分志向で生きていきたい。

自分のために生きていきたい。

心の内に抱く違和感を大切にしたい。

己の感性を大切にして生きていきたい。

自分の価値観・思想観・世界観を大切にしたい。

他者が自身に抱く違和感を尊重したい。

他者が自身の感性に正直に生きるのを尊重したい。

「自分志向で生きる」とは「他者の自分志向も尊重する」ということ。

敬意だ。

存在に対する敬意だ。

これを実行し続けるのは難しい。

だが最も幸せな生き方だと思う。

私は自分志向で生きる。

究極的に自分志向で生きるのだ。