違和感を大切にして我流で生きる。

思想

違和感を大切にする。

違和感って大切だと思う。

「なんか違う」「自分には合わない」と感じるなら間違いなくそうなのだ。

それは正しい。

そしてチャンスだ。

自分の本音の表出だ。

自分の感性の種子だ。

その種から新たな価値が生まれるかもしれない。

いつかは果実になるかもしれない。

己の感性の赴くままに進んでみよう。

感性の種を育ててみよう。

自己流で生きる。

自己流が一番だ。

他人の教えが自分に合うとは限らない。

むしろ合わないことの方が圧倒的に多い。

他人の教えはあくまで他人の思想。

自分の思想ではない。

いつも自分の思想を持ち続ける。

自分の価値観を作りながら生きていく。

心の声を大切にしよう。

本音をどんどん汲み取っていこう。

他人の思想は自分の思想の糧にする。

私は自分の感性に基づいて生きていく。

己の感性に身を任せて試し続けていく。

活動をしていると違和感を感じることが多々ある。

「果たしてこのやり方でいいのだろうか」

「あっちのやり方の方がうまくいくんじゃないか」

「なんか自分がやりたいこととズレてる気がする」

そんな疑念が浮かんでくる。

どうすればいいかよく分からなくなる。

ここで一旦立ち止まってみる。

これらの疑問はどこから生まれてくるのだろうか?

自分の方向性が見えないときだ。

「自分の感性」と「他人の教え」が適合しないときだ。

ついつい「どれが正しいか?」を考えてしまう。

だが「正しい」って曖昧だ。

誰を基準にするかで正しさは変わる。

正しさは相対比較だ。

比較対象があって比較基準があって初めて「正しさ」が生まれる。

正しさに絶対はない。

絶対的正義など存在しない。

常に正義は変化し続ける。

時代の流れと共に。

活動をするときは自分の感性を最重要視すればいい。

他人の教えはその人の感性に基づいて生まれてきたもの。

それは他人の思想そのものだ。

自分の活動では自分の思想を大切にする。

自分の感性を大切にする。

自分の心髄に基づいて我が道を歩んでいく。

他人の教えはあくまで材料だ。

納得するならそれを用いればよい。

違和感を抱いているのなら自分の感性が「それは合わない」と自分自身に告げている。

その声を聴こう。

本音を聴こう。

試してみることに失敗はない。

 「仕事は楽しいかね?」より

自己流でいいのだ。

違和感は己の感性のサインだ。

私は違和感を大切にして自己流で生きる。

己の感性を信じて試し続けていく。

感性は私の存在そのものを表しているのだから。