私たちは幼い頃、紛れもなく「天才」だった。

思想

余計な未来を一切考えずに感性の赴くままに行動し続ける天才。

幼い頃、私はいつも無心になって取り組んでいた。

ハイハイからヨチヨチ歩きになり、いつの間にやら二足歩行出来るようになった。

日本語を聴いて話すことを覚え、読んで書くことを覚えた。

自転車に何度も挑戦するうちに、当然のように乗れるようになった。

そう。

全ては「いつの間にやら」できるようになったのだ。

あの頃は「それが今の自分にできるかどうか」なんて考えていなかった。

やりたいと思ったからやってみただけ。

面白そうだから取り組んでみただけ。

やってて楽しいから続けているだけ。

そんな純粋な気持ちだった。

周りなんか全く見えていなかった。

良い意味で見えてなかった。

「自信があるか否か」

「今の自分にできそうか否か」

「失敗しないか否か」

そんなことは一切考えていなかった。

そういう余計な未来を考えずに行動し続ける感性の天才だった。

いつから私は「小賢しく」なったのか。

いつから私は「今の自分にできそうかどうか」を気にするようになったのか。

いつから私は「上手くいかなかったら嫌だ」と心配するようになったのか。

いつから私は「妙なプライド」を持つようになったのか?

いつから私は「周囲の目」を気にし過ぎるようになったのか?

いつの間にか未来を心配するようになった我々。

初めてやることなんてうまくいかなくて当たり前。

それは「失敗」ではなく「事実」が存在するだけ。

その事実が成功か失敗かは全て「私の主観」が解釈している。

「失敗」自体が怖いんじゃない。

「評価の目」が怖いのだ。

でも待って。

そもそも私は評価をもらうほどの存在でなければならないのか。

いや、そんなはずがない。私が勝手に思い込んでいるだけだ。

そもそも高が知れているのだ。

余計な意識を捨て去る試みを積み重ねる。

見栄があると他者の評価の目が怖くなる。余計なことを考えてしまう。

自分という存在の価値が揺らぐ気がしてしまう。今の自分にできるかどうかをつい考えてしまう。

そんなことを考える必要はなかったのだ。そもそもできるかどうかなんて誰にも分からない。

人は取るに足らない存在だ。地球・太陽・銀河・宇宙からしたら人はあまりにちっぽけだ。地球・太陽・隕石の機嫌一つで滅びる存在だ。

人間という存在の分を良い意味で捉えて肩の力を抜いてみる。

余計な見栄を捨ててもっと楽に生きる。

今の自分に「+1」していく

関心を持ったことに無心で取り組む。取り組み続けていくうちに何故か上達している。

得意か否か、才能があるか否かは考えない。興味を持ったらやってみる。

楽しそうだから、面白そうだから、好きだからやってみる。

行動に必要な動機はそれだけだ。

余計なことは考えずにひたすら反復する。目の前のことに集中する。 小さな一歩を踏み出してみる。

今の自分に地道に「+1」していく。

それが大事だ。

「やってみたいかどうか」行動基準はそれだけだ

子供はみな、生まれながらに芸術家だ。



問題は、いかにして芸術家であり続けるかということだ。

パブロ・ピカソ

「やってみたいかどうか」

それだけを問えばいい。やってみたいと感じたなら早速今から始めてみる。

今この瞬間を楽しむ。

己の感性の赴くままに行動し続ける天才であれ。