英語モードでカタカナを捨て去る。

語学

ふと思った。

カタカナ発音に引っ張られる。

カタカナは日本語だ。あくまで日本語の音声体系である。決して英語の音声体系ではないのだ。

英語のネイティブ化・母国語化を図るためにはカタカナ発音は邪魔以外の何物でもない。

カタカナ発音に頼ると英語モードではなくなる。日本語モードになっている。

英語はカタカナでは発音不可能な言語なはずだ。

英語ではアルファベット文字列が連なることでそれ独自の音声を宿している。

私はそれを忘れてしまっていたのだ。英語を勝手にカタカナ発音にしてしまっていた。

カタカナは日本人が英語を日本語仕様にするために生み出したものだ。

英語圏の人から見ればカタカナ発音された英語は本当の英語ではないだろう。彼らにとっては只の捏造だろう。

英語モードの時は英語を話すモードだからカタカナという曲者を忘却せねばなるまい。

日本語音声に慣れ親しんてきた日本人にとっては実に困難なことだ。なかなか日本語音声を払拭できない自分がいる。

英語学習に取り組み始めたばかりというのもある。だがそれ以上に「私は日本人である」という意識がそうさせているのだ。

英語モードのときは「自分は日本人だ」という意識を捨て去る必要がある。日本語が母国語であるという記憶を消去するのだ。

代わりにどういう意識を持てばいいのだろうか。それは「自分は生粋の英語ネイティブだ」という意識だと私は感じる。

英語モードでは「私は英語しか喋れないのだ」という洗脳を己に憑依させる。

それを肝に命じたい。

心髄日記の投稿配信