英語モードで英語の自己物質化を図る。

語学

英語を母国語のように自由自在に発話できるようになりたい。

それが今の私の欲求だ。

それを成就させるためにはどのように事に当たるべきなのか。

そもそも「母国語のように話せる」って如何なる様態なのか。

「母国語のように話せる」とは「普段からその言語で思考する状態と化す」ことだ。端的に言えば、英語思考が常態化することである。それが英語脳だ。

英語を母国語化するためにはその期間は日本語思考を封印する必要がある。

物事を理解する上で日本語を介することなく英語で読解する癖をつける。

英語をその語順のままに理解する。その習慣付けが須要となる。

英語モードが常態化すれば英語の母国語化は前進する。

1日の中で英語で思考する時間を可能な限り増大させる。

「今日は何に着手するか」

「今日は何を食すか」

「あの事象は言葉でどう描写できるか」

こういう疑問を日本語を用いずに英語で思念する。その回答を英語で思考する。

海外ドラマや海外動画を英語音声で多量に視聴することも欠かせない。入力が無ければ出力は為されない。

英語モードでは日本語を封印する。その時間を捻出する。

英語で物事を思考する癖をつけて英語常態化を図る。

脳内を常に飛び交う状態に達すれば良し。

私は英語脳に遷移する。