Netflixの物語世界に自分を没入させる。自分も登場人物の1人として己の意思を英語で発してみる。英語思考力を鍛える。

語学

昨夜からNetflixを用いて物語没入による意思発言を始めた。

「物語世界に自分を没入させて登場人物や出来事に対して当事者として己の意思を英語で発言していく」という実践方法である。

これまでNetflixを視聴する際はシャドーイングに集中して俳優の台詞を追随して発音向上に特化していた。

だが最近は飽きを感じ始めていたので新しいNetflix利用法を思案してみた。それが冒頭に挙げた物語没入による意思発言である。

このやり方はゲーム実況と似ている。物語世界に自分を存在させて己の意思を発しながら物語を進めていく。

この実践法では英語思考力が育つ。

英語で流暢に話せるようになるには自分の意思を体内で英語で具現化する必要がある。日本語を介さずに己の意思概念と英語を直結させる過程が必須だ。

Netflixを用いた物語没入による英語思考はそれを集中的に鍛えることが可能だ。

例えば登場人物の不可解な行動に対して自分なりの反応を逐一返してみるのだ。

“Why do you have to do this?”

“If I were you, I wouldn’t do that.”

“In my thought, it will bring a bad incident.”

この視聴法では物語体験を通じて英語思考で自己行程を作る練習が出来る。

自分の心髄で感じたことを英語で発してみる。登場人物に対して自分の意思を英語で伝えてみる。

これは実際に外国人と会話する時と全く一緒である。

自分の心髄で感じたこと/思ったことを英語という伝達物質を用いて言語化する。それを発音して外界に出力する。

その行程をNetflix作品の登場している人物に対して行うだけだ。物語に自分を没入させてその世界で起きている全事象を当事者感覚で受け止める。

自分ならどう感じるか/どう思うか/どう決断するか/どう行動するかを英語で思考して発言する。

それにより自己行程力が育って英語の自己物質化が進む。英語という伝達物質が自分の体内を走り回るようになる。

Netflixオリジナル作品は物語の展開が早くて見応えがある。俳優たちの英語発音力/表現力/演技力は極めて高い。特に主演俳優の発音は非常に綺麗である。子役の表現力も高くて驚かされる。

この視聴方法を用いれば、日本にいながら自宅にいながら極めて高い英語能力を誇る外国人と会話できる。彼らと一緒に英語を通じて物語体験ができるのだ。

しかも自己ペースで取り組めるのが最高だ。外国人に直接会いにいく必要はないため物理負荷も精神負荷も低い。毎日気楽に取り組めるため長続きする。

物語体験は刺激と興奮だ。Netflixの欧米ドラマは質の高い作品が多い。展開が早い分だけ登場人物や出来事に対して己の意思を発言したくなる場面が数多く訪れる。

Netflixはスマホで視聴可能なため場所・時間・人に縛られない。いつでもどこでも自己ペースで独学できる。

仮に人が多い場所では無理して口に出す必要はない。己の心髄で英語を発して登場人物たちにツッコミを入れればよい。ただ画面をぼーっと眺めているよりは圧倒的に糧になる。

Netflixは語学に最適だ。物語体験を通じて登場人物と英会話できる。

字幕も英語・日本語・無しに変更可能だ。再生停止や10秒巻き戻しも容易で自分の好きなように使用できる。

物語作品に没入して登場人物たちと英語で会話しよう。

その世界に自分を存在させて自分なりの意思や判断を英語で発言してみよう。

相手の意思を英語で感じ取って理解に努めてみよう。

自己行程を作りながら物語を進めて行こう。

その世界で起こる全事象に対して当事者として自らの意思を英語で発して彼らに伝達して仮想行動してみよう。

この視聴方法は英語の理解力/発言伝達力を向上させてくれる。なぜなら物語世界に自分を没入させれば相手が伝えようとしている意思を自ら感じ取る姿勢に自然となるからだ。

相手の意思を読み取れなければ自分も発言することはできない。そのため自分も1人の登場人物として相手が言わんとすることを理解しようとする心理になる。英語で相手の心髄を感じ取ろうとする気持ちになる。

それが更に物語作品への没入度を高めてくれる。当事者感覚を極めてくれる。

語学は物語体験と相性が抜群だ。

物語体験は私が登場人物としてその世界に存在して自らの意思を英語で発し続けていくことで真価を発揮する。そこで初めて物語と英語が自己物質化する。

それは自分が実際に発した英語が物語世界の場面・感情・登場人物と結びついて自分の体内に残存するからだ。自らの意思で発した英語表現は自分の心髄と一体化するからだ。

語学でも自己中心力を高めて自己行程を辿って行こう。

物語世界で起こる出来事に対して意思を発して英語を自己物質化していこう。

その世界の登場人物となって自分なりに問題を解決していこう。

傍観者ではなく実行者であれ。

私は物語世界でも自己行程を生きる。

そして英語思考力を育てるのだ。