リスニング散歩で英語力を鍛える。音声から映像を脳内補完する練習を積み重ねる。

語学

一昨日からリスニング散歩を再開した。

Podcasts/YouTube/Netflixの英語音声をシャドーイングしながら赴くままに歩いている。

身体を動かすことで交感神経が刺激されて脳は活動的になる。その状態でリスニングをすれば学習効果が高まる。音声で物語体験をするのは新鮮で刺激的だ。

映像を観ないで音声だけで聞き取る分、自分で映像補完する必要がある。これが結構難しい。

私は英語音声から映像化する脳力が未熟である。そういう自分に直面している。鮮明な映像補完が出来ていない。

映像発現せずに脳内を過ぎ去っていく部分が多い。初見作品ではそれが顕著だ。

音声文章から映像世界を脳内展開する行為は負荷が掛かる。少なくとも現在の私の英語力では難易度が高い。

だがある程度の負荷は学習意欲と効果を高めてくれる。だから自分に適した難易度に調整していくことが肝心だ。

最近気づいたのは、Audibleで洋書音声を聴くよりもPodcasts/YouTube/Netflixの作品を聴く方が臨場感に浸れること。

後者は世界観に沿ったBGM・効果音、登場人物の会話が豊富なため、場面の雰囲気を音楽的に感じ取ることが出来る。

前者は音楽的表現が少ないため文章表現による聞き取りがほぼ全てとなる。その分、浴びる語彙量が多く難易度が高い。

私は気分次第で両者の形式を使い分けていく方針だ。

リスニング散歩で音声映像化による物語体験を楽しみながら英語力を高めていきたい。

英語を日本語よりも得意にさせる。

英語の母国語化を目指す。

その心髄で生活する。

私は英語使いになる。