環境に対して無理に合わせなくていい。自分がやりたいことをやるために環境を取捨選択し活用する。

フォートナイト

フォートナイトに新しいパッチが適用されてコンバインモードが進化した。

フィールド上で無限資材を用いた建築が可能となったことで自由度が格段に増した。

私はこのモードが気に入っている。

動く人形を敵に見立てて近接戦闘練習が存分にできる。

自分のペースで自分のやりたいように練習できる。

ソロ専としては活用性の高い環境だ

フォートナイトは詰まるところ対面戦闘力が全てだ。

全ての戦闘は最終的にボックスファイトによる対面戦闘に行き着く。

対面戦闘力はボックスファイト能力そのものだ。

そこでは編集能力がものを言う。

具体的には速度と精度と判断だ。

その能力が高ければ高いほど射線のON/OFFを自由自在に支配できる。

戦闘の主導権を握れるのだ。

私は未だ編集能力が低い。

編集マス選択や編集リセットの精度が低いのだ。

編集速度も海外トッププロたちと比較すると非常に遅い。

状況に応じた最適な編集型を瞬時に作り出す能力が低い。

敵に対して隙が大きい。

だがその分だけ伸び代が大きい。

そう捉えてマイペースで修行に励む。

私はもっと強くなれる。

コンバインモードでは自分の好きなように戦場空間を使うことができる。

私の場合はコース制覇時間は全く気にしていない。

そこは本質ではない。

本質は自身の戦闘能力を地道に進化させていくことだ。

コースタイムを上げることではない。

他者から用意された指標や目標ではなく自分の欲求が生み出す目標に向かって精進することが肝心だと私は思う。

己の感性に沿って活動していくことが自分の時間を生きることに繋がるからだ。

自分の時間を生き続けることでドーパミンが放出される。

モチベーションが高まる。

環境に自分を合わせるのではない。

自分がやりたい練習をやるために環境を選択して活用する。

他者の軸に合わせるのではない。

自分の軸を持ってそれに沿って行動する。

自己発現であることを忘れないようにしたい。

自己中心であることを忘れないようにしたい。

私は自分の軸で活動する。