自分の理想を思い描いて本質的戦闘力を地道に向上させていく。

フォートナイト

蝶のように舞い、蜂のように刺す。

見えないものに当てることはできない。

モハメド・アリ

私が目指しているプレイスタイルだ。

独創的建築で蝶のように舞い、高速編集で蜂のように刹那に刺す。

強く速く美しく華のある戦闘スタイル。

それを体現する猛者になりたい。

そのためには本質的戦闘力を高める意識が必要になると感じた。

私は現在ゾーンウォーズパブリックマッチをマイペースにプレイしている。

アリーナソロやパブリックソロのように初動武器集めや資材集めが必要ないので楽だ。

無駄な時間を削減できる。

ゾーンウォーズで相見えるプレーヤーの平均レベルも高いため実戦練習に適している。

通常のバトルロイヤルモードをプレイする理由がほぼない。

ソロデュオやソロスクワッドをプレイする時くらいだろうか。

ゾーンウォーズをプレイして思ったのは「SGとAR以外のアイテムは本質的実力の向上に繋がらない」ということだ。

SMG・ミニガン・スナイパーライフル・スティンクボム・ブギーボム・ダメージトラップ・ザッパートラップは簡単に使いやすく強すぎる。

特にトラップ1個150ダメージはやり過ぎだと感じている。

たった2個で300ダメージ確殺である。

敵に対してトラップキルできても嬉しくないし楽しくない。

虚無の感情だ。

それは自分ではなくアイテムが強すぎるだけだからだ。

他のアイテムも基本的に同様だ。

建築・編集・エイムというプレーヤースキルの本質的基盤となる3大要素と比較すると技術介入度が低く奥行きが狭い。

飽きやすいしつまらない。

成功した時の充実感や高揚感も皆無だ。

敵に使われてキルされた時も別に悔しいという感情は湧かない。

劣勢の状況でSG・建築・編集・エイムで敵をキルできた時は嬉しいし楽しい。

優勢の状況から敵にSG・建築・編集・エイムでキルされた時は悔しいが燃える。

自分の弱さ・未熟さを目の当たりにすると同時に「この敵は強かったな」と納得できる。

私はこの感覚を大切にしたい。

大事なのは本質だ。

心髄だ。

私は小手先ではなく本質的実力を向上させたい。

ポンプショットガンによる近接戦闘、アサルトライフルによる中距離撃ち合いがフォートナイト戦闘の基礎だと私は思っている。

極論を言えばポンプ1丁のみでの近接戦闘が全てだ。

私が最も鍛えたい戦闘要素である。

ポンプは一発の威力があるものの連続性がないため使いこなすのが難しい。

ポンプを使いこなすためには建築・編集・エイム技術を高めることが必然的に求められる。

逆に言えば建築・編集・エイムを意識的に高めてくれる武器がポンプショットガンである。

ポンプはフォートナイトの基礎である。

遠距離武器や投擲物・トラップ類は小手先であり余計である。

私はゾーンウォーズパブリックマッチでSGとARと移動アイテム(ジャンプパッド・バウンサー)以外は持たずにプレイするようになってきた。

いずれはポンプ一丁になるだろう。

回復アイテムもあえて持たない。

回復行動は一切取らない。

戦場での緊張感を高めて戦闘自体に集中するためである。

回復アイテムがあると攻めに専念できない。

戦闘中に大ダメージを受けるとついつい回復行動が頭をよぎる。

回避行動を取ってしまう。

これまでの自分のプレイを思い返してみると、大ダメージを受けても回避行動を取らずに眼前の敵を抹殺することに専念した時の方が戦闘生存率が高かった印象がある。

戦闘中に被った大ダメージを回復するのは当然の行動のように思えて実は悪手なのかもしれない。

それに加えて攻めの姿勢を貫徹するプレイスタイルの方が観ていて楽しいし面白い気がする。

そう思い始めてゾーンウォーズでは回復アイテムを全て捨てるようになった。

もし回復したいなら敵をキルして50ゲージ回復するしか道はない。

あえてそういう環境にすることで敵をキルすることに専念できる。

自分の実力で敵をキルするためには建築・編集・エイムという本質的能力で挑む必要がある。

余計な武器やアイテムは潔く捨てる。

実力向上のための試行錯誤を繰り返す。

この選択をすることで更に戦闘力が向上すると信じている。

「蝶のように舞い、蜂のように刺す」

私は自分の理想を思い描きながらソロ修行に励んでいきたい。