バトルロイヤルを捨ててクリエイティブを選ぶ。自分の時間を生きる。

フォートナイト

先日からクリエイティブの自分の島でのソロ修行にハマり始めた。

精神と時の部屋で修行している感覚だ。

楽しくて心地良い。

全くイライラせずに練習できる。

パブリックやアリーナと違ってストレスが溜まらない。

自分の時間を生きている感覚だ。

最近はフォートナイトのモチベーションを失っていた。

アップデートの度に不具合が多発するバトルロイヤルモードは私にとってイライラ発生増幅装置と化していた。

運営側の志向と自分の志向で大きなズレも感じていた。

もっと競技性を高めてほしいと感じる自分がいた。

実戦をプレイする度にイライラが止まらない。

自分の時間を生きていない気がした。

フォートナイトから数週間離れて戻ってきた時にふと気付いた。

「バトルロイヤルをプレイする意義ってないんじゃないか?」

「クリエイティブを選んだ方が良いんじゃないか?」

私はクリエイティブで選ぶことにした。

自分の時間を生きることにした。

Spotifyでのんびり音楽を聴きながら建築・編集・エイム練習に取り組み始めた。

一度始めると時間を忘れて没頭できる。

想像的かつ創造的になれる。

実戦では目の前の敵を倒すことに集中しなければならない。

すでに習得している高精度技しか通用しない。

新技を考えて試す時間はない。

だがクリエイティブではその意識から解放されて自分自身のレベルアップ活動に集中できる。

フォートナイトの戦闘は基本的に「間合い詰め→上取り建築→ボックスファイト」の順で完結する。

敵をキルするシーンはほとんどがボックスファイトで起こる。

ボックスファイト技術は戦闘力の中核を担っている。

実力向上に直結する要素だ。

これから更に鍛えていきたい。

実戦は既に持っている手札で真剣勝負する場だ。

逆にクリエイティブは自分の手札を増やしたり交換したりグレードアップさせる場だ。

そこは魔法の空間である。

自分の意識次第で時間の流れを早くしたり遅くしたりできる。

新技の考案中は時間の流れがゆったりになる。

いくら失敗してもいい。

どんなに時間をかけてもいい。

逆に技の精度を高める練習では空間を流れる時間が早くなる。

上取り返し建築の精度を高める練習では常に敵が自分の上から追ってきていることを想像して最適な技を瞬時に組み合わせながら連続して繰り出し続ける。

ボックスファイト練習では建築1枚越しにいる敵を想像して可能な限り被弾せずに敵にダメージを与えるための正確・高速な編集力を鍛える。

クリエイティブマップでは時間も空間も自分の手でコントロールできる。

今やりたい練習を資材無限・時間制限無しで取り組める。

己の感性に合った環境を作り出せる。

クリエイティブマップの存在価値は極めて高い。

今後はバトルロイヤルではなくクリエイティブが私のメインになる。

今まではクリエイティブを実戦のための補強練習場所として使っていた。

実戦環境は開発側のアップデートの影響をもろに受ける。

不具合も多発する。

開発側の運営方針から察するに競技性が高まることはないだろう。

パブリックもアリーナも同じだ。

そう考えるとバトルロイヤルから離れてクリエイティブを主軸としてプレイするのは得策と言える。

バトルロイヤルはプレイヤー側の志向と開発側の志向のズレが生まれやすい。

当然のことながら開発側がゲームマスターである。

プレイヤー側はゲームマスターが定めるルールに従うしかない。

競技性を求めるプレーヤーにとってバトルロイヤルモードは酷だ。

フォートナイトはe-sports競技としての潜在能力を最高水準で秘めている。

だが開発側は人気の拡大と全プレーヤーに対するエンターテイメント提供のために競技性を高めたくない。

運要素を高めて全プレーヤーの勝率・対面キル率をできる限り均一化させたい。

フォートナイトバトルロイヤルは未経験者でも勝利・キルできるように全プレーヤーに対して勝率1/100、対面キル率1/2を均一的に提供することを理想としているように見受けられる。

私はそう受け取っている。

競技性を求めるプレーヤーにとってはやはりイライラが募る。

まるで強風の中でバドミントンの試合をさせられている気分になる。

だがそれは仕方がない。

競技性を求めるプレーヤーは実のところ開発側のメイン顧客ではない。

むしろ勝率1/100、対面キル率1/2の均一化という理想を乱す要素でしかない。

開発側が求めるゲームバランス的には邪魔になる存在である。

私は最近それに気づき始めた。

競技性が今より低くなることはあっても高まることはないだろう。

このゲームに対して競技性を求めること自体が見当違いだったのかもしれない。

それを踏まえて私は方針転換する。

バトルロイヤルを捨ててクリエイティブを選ぶ。

実戦は修行の方向性を確認する目的で少しやるくらいで丁度いい。

クリエイティブでのソロ修行の方が圧倒的に楽しい。

ドーパミンが出る。

ストレスフリーだ。

自分で空間と時間をコントロールできる。

これからは楽しい気分を忘れずに自分のペースで修行に励んでいきたい。

私は自分の時間を生きる。