【生きる=活きる=良好な環境を持つ】人生とは環境作り。環境が全て。体内と体外。どちらも大事。

生き方

環境が全て。

体内環境と体外環境をいかに良くしていくか。

特に体内環境。

こっちの環境が悪ければいくら体外環境を整えても意味をなさない。

体内環境が健康で初めて体外環境が意味を持つ。

体外環境は体内環境を土台としている。

まずは体調を良くしていく試みを毎日少しずつ続けていく。

基礎能力を上げていく。

その上で周囲の環境を整えていく。

より良いものを得ていく。

良いものは吸収する。

欲しいものは手に入れる。

我慢は美徳ではない。

欲は人間のエネルギー源。

より良いものを得ようとするのは自然な感情。

良い感情だ。

良い環境を手にして初めて人は「活きる」のだと思う。

体内環境が悪ければ体外環境が良くてもその人は環境に恵まれているとは言えない。

体外環境が悪ければ体内環境が良くてもその人は環境に恵まれているとは言えない。

どちらも大事。

どちらも必須。

必要不可欠だ。

「生きる=活きる」

「活きる=良い環境に存在する」

良好な体内環境と良好な体外環境が存在して初めて良好な魂が宿る。

逆もまた然り。

人生とは環境作りだ。

環境が全て。

まずは最も肝心な体内環境を整える。

次に周囲の環境である体外環境を整える。

自分自身を活かしていこう。

自分自身を良質なものにしていこう。

自分自身を良質な環境に置こう。

地道に環境作りを続けていこう。

私は活きるために生きているのだから。