技術は心髄に基づいて発揮される。

生き方

技術は目的を達成するための手段だ。

それ自体は目的じゃない。

技術を習得すること自体は本質ではないのだ。

「私は何のためにこの技術を磨いているのか?」

「私はこの技術を使って何がしたいのか?」

技術を向上させる過程でいつの間にか技術自体に注意が向き過ぎることがある

技術を磨くこと自体に躍起になって「何のために磨いているのか?」を忘れがちになる。

時折立ち止まって考え直してみる時間が必要だ。

技術の根底にあるのは「己の心の在り方」だ。

心髄だ。

感性だ。

己の感性が技術となって顕在化する。

心髄が技術を作る。

心髄が技術を発揮させる。

忘れた時はそれを思い出す。