【思考力=言語力】言語力が高まれば思考力も高まる。

語学

英語思考モードを意識するようになってから気付いたこと。

それは「私たちの思考力は言語力に依存している」ということ。

ごく当たり前の話だが私はその事実を忘れていた。

日本語を封印して英語で思考する。

すると言いたいことが言葉として出てこない。

イメージはやんわりと浮かぶのだが英語で言葉として言えないのだ。

言葉として言えないということは「イメージが明瞭にならない」ということだ。

言葉はイメージの解像度を高めてくれる。

日本語を封印するとそれが自覚しやすい。

私たちは脳内でイメージを基に思考している。

そのイメージを明確に定義してくれるのが言葉だ。

「言葉で考えられる」とは「明確なイメージを持って思考できる」ことなのだ。

思考はイメージ展開能力である。

そのイメージを明確に定義してくれるのが言葉であり言語だ。

思考力は言語力で決まると言っても過言ではない。

日本語を用いた思考は日本語力で決まる。

英語を用いた思考は英語力で決まる。

数学を用いた思考は数学力で決まる。

英語力を上げることは英語思考力を上げることに他ならない。

英語思考力が上がれば日本語思考力にも作用を及ぼす。

数学力を鍛えれば論理的思考力が鍛えられるように。

英語スキルを上げることは決して無駄にはならない。

メリットだらけだ。

英語は主語の次にすぐ動詞がくる。

結論が最初にくる。

相手に自分の考えを発信する際に相手は理解しやすくなる。

英語の方が日本語よりも冗長になりにくい。

英語と日本語では音声の体系がまるで違う。

英語の発音を学んでいくことで日本語の発音を客観視できる。

日本語の発音を見直せるから日本語の発音も良くなる。

冗長を省いて分かりやすく話せるようになる。

語学は「思考」について考えることだ。

他国の文化や価値観を学ぶことはその国の人の思考を学ぶことだ。

その思考は必ず「言語」に現れている。

そう考えると語学は超絶楽しい活動だ。

思考スキルが上がる。

外国の情報をストレートに取得できる。

海外生活ができる。

英語圏で生きられる。

自分の居場所が一気に広がる。

身につけた言語の数だけ自分の居場所が増える。

心の拠り所も増えて精神的に余裕が持てる。

語学は良いことづくめだ。

自信と活力の源泉だ。

そんな活動に巡り会えたことが嬉しい。

これから語学をまったりと楽しんでいきたい。